(一社)農業農村整備情報総合センター(ARIC) > 農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD) > 分野別検索

農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD)

トップページに戻る

分野別検索

検索結果

検索結果:67件

登録番号技術名称技術の概要登録会社名採用実績開発年更新年月
農業農村整備事業その他事業
0160 パルテム・フローリング工法 既設管路内で組み立てた鋼製リングに高密度ポリエチレン製の嵌合部材と表面部材とを管軸方向に組み付け、既設管と表面部材との間に充填材を充填することで、既設管きょを非開削で更生する中大口径管更生工法。 パルテム技術協会 40 423 2001 2016/09
0178 EW&Trail シールド直接発進とビット交換による長距離掘進技術。 飛島建設(株) 0 16 2001 2009/07
0188 上向きシールド工法 地下のトンネル内より地上に向けてシールドを発進させ、上向きに立坑を構築する工法。 大成建設(株) 0 3 1998 2015/01
0231 応力機能目地工法 ゴム弾性を活用したコンクリート水路目地の補修工法。 ショーボンド建設(株) 65 23 2004 2015/04
0235 C-ONE工法 プラスチックフィルムで外表面を被覆した樹脂含浸チューブを老朽管路内に反転挿入させ、樹脂含浸チューブを空気圧又は水圧で加圧し、加熱又は常温で硬化させ、老朽管内面に水密性の高いプラスチックパイプを形成する。 大管工業(株) 10 374 2004 2016/08
0241 靱性モルタルライニング工法 本技術は高い耐久性能を持った高靭性繊維補強セメント複合材をコンクリート製水路構造物の劣化した表面に被覆する補修・補強技術である。 田中シビルテック(株) 125 15 2005 2017/07
0242 スルーリング工法 プラスチック繊維の管状樹脂吸着材の外表面をプラスチックフィルムで覆い、熱硬化性樹脂を含浸させた更生材を老朽化した管路内に反転挿入し、管路を非開削で更生し、くらしの中のあらゆるパイプを甦らせることができる技術である。 (株)シーシーエス 53 390 2005 2012/08
0244 リフトイン工法(FRPM管を用いたパイプインパイプ工法) カゴ型運搬台車と低重心バッテリーカーを用いることにより、無軌道で強化プラスチック複合管を老朽管路内に運搬し、自立管として管路を更生する工法です。 積水化学工業(株) 113 66 2005 2016/07
0259 デンカスプリード及びデンカスプリードエース工法 塩害、凍害、中性化等によって劣化したコンクリート構造物の断面修復を行うために開発した湿式吹付け用ポリマーセメントモルタル。 電気化学工業(株) 5 140 1998 2009/10
0264 ASフォーム工法 レジンコンクリートを構成材料とした高耐久性埋設型枠材を用いて、コンクリートの補修・改修・防食を行う工法。 麻生商事(株) 39 123 1992 2014/07
0273 中性固化土処理工法 導水管工事、地下ダム工事、ダム・溜池等の浚渫工事に関連する工事から排出されるアルカリ性汚泥・浚渫汚泥を、中和処理・固化処理または固化処理を行うことで中性域の再生材(土質材料)の生成する。再生材はリサイクルとコスト低減を寄与する。 中性固化土工事業協同組合 1 3 2005 2014/06
0276 ホースライニング工法 熱硬化性樹脂を含浸させたライナーを既設管内に引込み、空気圧等で拡張・着圧させた後に硬化させることで管の内部に新しくパイプを形成する工法。 パルテム技術協会 366 3136 1983 2016/05
0281 水中不分離性充填材「マックスAZ」 「マックスAZ」は、水中不分離性、高流動性、自己充填性、セルフレべリング性、水中での強度発現性を兼ね備えた高性能な無収縮モルタルである。また、プレミックス化されているため、規定量の水を加えるだけで品質的に安定したモルタルを供給できる。 (株)ファテック 4 10 2004 2013/06
0286 SKILLS超長距離圧送ネオグラウト工法 道路・水路等の特に長大なトンネルにおいて、坑外に設けたプラントから、セメントとフライアッシュをそれぞれ主材とし特殊増粘剤等を加えた2種類の溶液を長距離圧送(4km)し、注入箇所付近で合流混合し空洞に注入充填を行う工法。 名工建設(株) 0 7 2007 2012/10
0290 アクアライニング工法 打継用エポキシ樹脂接着剤(プライマー)とポリマーセメントモルタルによるライニングを組み合わせた、コンクリート製農業用水路の表面補修・保護工法。 電気化学工業(株) 4 1 2007 2008/08
0306 PG工法 長距離圧送可能な可塑性注入材。 (株)ケー・エフ・シー 6 0 2005 2009/06
0314 PCL工法 プレキャスト製の鉄筋コンクリート及び超高強度繊維補強コンクリートを用いたトンネル覆工内巻き工法。老朽化したトンネルの補修や補強、新設トンネルの二次覆工に使用される。 PCL協会 4 8 1985 2016/03
0318 K-2 PRESSURE工法 老朽化した管きょ内に非開削で更生(修繕、改築)する技術である。 (株)京扇土木テクノロジー 1 65 2008 2017/10
0322 Two-Wayライニング工法 当技術は、老朽化した管路を補修・補強・更新するための、耐震性・水密性に優れた高内圧対応型の非開削による管渠更生技術である。 (株)環境施設 1 9 2009 2014/09
0324 エアタイトND工法 (FRPライニング工法) 軟質FRPライニングにより被覆する工法。耐久性が高い材質であり実績値から25年以上の長期耐久性を確認している。下地への接着性と追従性、耐剥離性、強度保持性を高めている。作業性と硬化性を向上させており短期間で安価に施工を行うことができる。 大泰化工(株) 13 10 2006 2016/06
0329 ハイパーモルタル工法 高性能モルタルによる水路補修工法。 ライト工業(株) 5 5 2009 2015/04
0336 モールボルティング(MOLE-Bolting)工法 ロックボルトによる極小断面トンネル補修工法。 三井住友建設(株) 0 1 2009 2009/11
0337 モールグラウト(MOLE-Grout)工法 特殊な施工条件を克服するトンネル覆工背面充填工法。 三井住友建設(株) 0 1 2009 2009/11
0352 TDRショット工法 コンクリート構造物の断面修復用湿式吹付け工法。 飛島建設(株) 1 15 2004 2009/12
0353 なおしタル工法 コンクリート構造物の断面欠損、鉄筋かぶり不足、耐震補強等の補修・補強を対象とした高品質モルタルを用いた湿式吹付け工法。高チクソトロピー性を付与したモルタルで施工中のダレがなく、垂直面で150mm、天井面で100mmの厚付ができ工期短縮を可能にした。 (株)ニューテック 15 128 2009 2017/04
0360 ロスゼロ シールド一次覆工において、切羽の安定と掘進精度確保を両立させながら、一部のセグメントを掘進と同時に組み立てることにより、施工の高速化を図る技術。 飛島建設(株) 0 4 2008 2010/01
0361 FLEX 圧力制御式シールド自動推進工法。 飛島建設(株) 0 33 1989 2010/01
0362 小断面遠心力トンネル吹付け工法 小断面トンネルの粉じん低減対策。 三井住友建設(株) 0 2 2004 2010/03
0372 パフェグラウト工法 さまざまな構造物の維持補修に適用可能な空洞・空隙充填工法。 日特建設(株) 14 92 2008 2015/01
0377 パーマコート工法 FRPシートによるコンクリート構造物の補修工法。 (株)竹中土木 0 9 2004 2010/04
0378 トンネル内誘導無線電話 農業用水路トンネルの補修が全国規模で施工され始めた状況に関連し、作業効率の向上と「安全と安心」を目的に、トンネル内の作業現場と外部、または内部での作業員相互連絡に誘導無線方式の連絡装置を開発しました。 大井電気(株) 2 0 2010 2012/11
0382 セルフシーリング工法 コンクリート水路の経年劣化した目地に箱抜きを設け、成形ゴムを変形・圧縮状態で挿入する目地補修工法。成形ゴムの復元反発力で止水性に優れ、目地の挙動に追従する。 (株)ホクコン 40 8 2008 2017/07
0386 目地ピタ 小型開水路目地補修工法。 クボタシーアイ(株) 2 0 2009 2011/01
0388 ネットバリヤー工法(C2) アラミドとビニロン不織布とで構成される連続繊維シートを無機系のポリマーセメントモルタルで貼り付ける、既設コンクリート構造物のはく落防止工法です。 (株)フジタ 1 212 2000 2015/05
0390 気泡ソイルセメント柱列壁工法 環境負荷低減を目指したソイルセメント壁工法。 三井住友建設(株) 0 1 2009 2011/04
0408 Sto 水路ライニングシステム 高耐久性エポキシ樹脂StoPox KU 180を用いた水路再生システム。 StoCretec Japan(株) 7 3 2002 2017/10
1004 底樋管 地盤の変形にも追従するフレキシブルで、完全止水のジョイント工法を採用したプレキャストコンクリート底樋管。 大和クレス(株) 106 5 1997 2017/09
1005 アーマー・ヒュームセグメント 内水圧・急曲線に対応したシールドトンネル用二次覆工省略型セグメント。 栗本コンクリ-ト工業(株) 1 2 2011 2017/11
1017 バルチップ(コンクリート用ポリオレフィン系補強繊維) コンクリートの曲げタフネスの向上および剥離・剥落防止のための混和剤として開発されたコンクリート補強繊維。 大成建設(株) 0 3 1997 2015/01
1019 トンネルリニューアル技術(PIC版) ポリマー含浸コンクリート製の脱型不要のプレキャスト埋設型枠。 大成建設(株) 0 7 1985 2015/01
1021 セットフォーム工法 本技術は既設水路トンネルの補修工事において、覆工コンクリート背面に生じる空隙を発泡ウレタン(セットフォーム)によって充填する裏込注入工法です。 日清紡ケミカル(株) 14 286 1987 2016/08
1040 サブテラ工法 高密度ポリエチレン管をハート形状に折り込むか円形のまま縮径した後既設管路内に挿入し、挿入完了後に水圧で円形状に戻すため、PE管は隙間無く既設管に張り付いた状態となり、管内の断面減少を少なくできるパイプラインの更生技術である。 日本リックウィル(株) 9 17 2000 2015/06
1041 自然由来の重金属汚染土対策に用いる不溶化剤(RE) トンネル・河川・道路・ダムなどの建設現場で発生する自然由来の重金属汚染土(土壌汚染対策法の第二種特定有害物質汚染土)対策の不溶化技術。 (株)イーエス総合研究所 3 6 2003 2015/09
1057 ダンビー工法 ダンビー工法は大口径管路を非開削で更生する工法で、既設管頂部にスペーサーを設置した後に硬質塩化ビニル製の帯状部材(ストリップ)を巻き立て、ストリップと既設管との空隙にセメント系充てん材を注入することにより強固な複合管を築造します。 EX・ダンビー協会 76 778 1993 2013/07
1059 UUライニング工法 水路・河川構造物等に専用吹付け機を使用してウレア系樹脂を吹付ける工法です。構造物の表面をライニング材で被覆することにより、構造物の劣化抑制、剥落防止、防水性向上、摩耗防止、防錆および景観の向上を図ることができます。 (株)奥村組 0 113 2000 2017/09
1065 TSコンクリート剥落防止・補強工法(コテ塗で施工可能な工法) TSポリマーアラミド繊維入りモルタルと3軸メッシュシートを層状に複合使用した表面劣化・剥落防止工法で、従来はポリマーモルタル補修工で対応していた。本技術の活用により、付着力が改善され、引張強度・耐摩耗性が増加するため、品質が向上する。 (株)シクソン 58 36 2005 2016/06
1067 マジカルグラウト工法 マジカルグラウト工法は、注入時のリークや材料分離が少ない、限定注入可能な効率的な空洞充填工法である。エア混入タイプとエア非混入タイプをニーズにより選択できる。 鹿島建設(株) 0 5 2003 2013/09
1073 SR-LG工法 (可塑材長距離圧送) SR-LG工法はA液(主材側)にセメント・フライアッシュ(石炭灰)を使用し、B液(ポリマー系可塑化材側)の2液をそれぞれ別々に圧送ポンプで4000mまでの長距離圧送を行い、注入口元にて2液を混合しトンネル空洞に可塑材を充填する工法です。 SR協会 4 13 2002 2015/12
1082 ネプトライニング水路工法 農業用水路等水利構造物全般の補修材料として速硬化ポリウレタン樹脂を吹き付けることによってコンクリート構造物の延命化を計る。 サンユレック(株) 18 182 2002 2016/02
1103 エコスピードシールド(ESS)工法 現場条件に合わせて、推進工法、推進・シールド併用(特殊推進)工法、シールド工法から最適な施工方法が選択できる。特に、推進・シールド併用工法は、推進工法からシールド工法への切り替えが可能なため、メリットが大きい。 中川企画建設(株) 1 19 2009 2017/09
1108 起泡剤環境8号 本技術は、特殊起泡剤と気泡安定剤を混合した気泡シールド工法用の起泡剤である。本技術の活用により、気泡安定剤の効果でシールド掘削後の排出する掘削土が大気に接した時の気泡の自然消泡性に優れ、品質向上と周辺環境への影響抑制が図れる。 (株)フジタ 0 3 2013 2016/06
1114 SPR工法 SPR工法は老朽化した管路に対して帯状の嵌合部材(プロファイル)を螺旋状に製管する。 次に既設管と更生管の間隙に特殊裏込め材を充填し、新管同等以上に更生させる工法。 日本SPR工法協会 243 4198 1985 2014/06
1142 PSR工法 本技術は多機能特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)を用いた鉄筋コンクリート床版の補強工法である。本技術の活用により、設計荷重の増加による耐荷力不足や輪荷重による疲労劣化により損傷した床版を補強することが可能である。 前田工繊(株) 5 290 1986 2015/06
1143 PT工法 本技術は多機能特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)を用いたトンネル内面の補強工法である。トンネル覆工裏面へ裏込め注入をする際の注入圧および注入材死荷重の増加に対する補強に本技術が活用できる。 前田工繊(株) 0 40 1990 2015/06
1144 PW工法 PW工法は、高い付着性および耐摩耗性を有するポリマーセメントモルタル(PWモルタル)を用い、劣化した水路構造物を補修する無機系表面被覆工法である。 前田工繊(株) 11 1 2012 2015/06
1149 スラメント工法 日々の注入設備の水洗いが不要で工程短縮等経済性の向上が計れ、長距離圧送性に適した非セメント系可塑状空洞・空隙充填材。 可塑状グラウト協会 0 0 2014 2015/06
1150 CMT工法(複合推進工法) CMT工法は、岩盤推進を原点としてビットの摩耗確認及び交換が掘進機内からいつでも行えることを基本構成として開発された掘進機である(点検扉の装備)。このため、切羽障害物に遭遇した場合にも機内からの目視確認・除去に対応できる掘進機である。 (株)推研 12 738 1989 2017/10
1183 内水圧対応鉄筋コンクリート推進管・Wジョイント管NAIA 本技術は、内水圧が作用する条件で使用できる鉄筋コンクリート製の推進管である。用途として、農水パイプライン用不とう性管のほか、河川伏越しのサイフォン管や浸水対策などの雨水貯留管などの推進管布設に使用できる。 藤村ヒューム管(株) 0 13 2011 2016/08
1188 ガラス繊維鉄筋コンクリ-ト管 水セメント比(W/C)の非常に低いドライコンクリ-トとガラス繊維を使用して、遠心力と振動により締め固めた高強度内圧対応推進管です。 栗本コンクリ-ト工業(株) 18 1023 1983 2016/10
1189 MAX推進管 鋼製の外殻とケミカルプレストレスされた鉄筋コンクリートが一体になった合成構造の推進管です。急曲線・大深度・内圧管路など、あらゆる条件において優れた適応能力を有しています。 栗本コンクリ-ト工業(株) 19 478 1998 2016/10
1199 合成樹脂製急速空気弁・補修弁 農業用水パイプライン、上水道に用いられる合成樹脂製の急速空気弁・補修弁です。急速空気弁の規格・種類のラインアップを揃えました。 旭有機材(株) 20368 216 2016 2017/03
1200 ハイガードパイプ 推進工法用鉄筋コンクリート管や開削工法用鉄筋コンクリート管の内面を樹脂ライニング加工した複合ヒューム管である。 従来のヒューム管より粗度は小さく滑らかで優れた水利特性を有する。 ハイガードパイプ協会 1 701 1987 2017/03
1203 NTRフォーム工法 本技術は小型設備で施工できるウレタン空洞充填工法であり、引込み電源またはバッテリー電源での施工を選択できる。極めて狭隘な施工には特殊の小型注入機も用意している技術である。 NTRフォーム研究会 11 147 2006 2017/04
1209 ハイブリッドモール工法 大中口径工法における、泥水式、泥濃式、泥土圧式が有する各々の技術的特性を活かし、推進区間内の土質変化に応じて最適な方式に切り替えることを可能にした複合式推進工法。また、掘進中の掘削添加材の再利用と掘削した泥土のリサイクル化を可能にした。 アイレック技建(株) 4 70 2002 2017/07
1216 FRT工法 本技術は水路トンネル機能回復加圧式ウレタン充填工法で、従来は増厚工法で対応していた。本技術の活用により内空断面を減少させずに、コストダウンと工期の短縮が期待できる。 アップコン(株) 4 2 2015 2017/08
1218 農業用水用AL形ダクタイル鉄管 設計水圧1.0MPa以下の地中埋設パイプラインに適用するダクタイル鉄管です。 (株)クボタ 51 0 2014 2017/08
1225 CMT改築推進工法 岩盤推進を目標として開発されたCMT工法(複合推進工法)技術の強い掘削トルクに加えて、泥土圧による切羽管理と切羽の目視点検(点検扉の゜装備)ができる特長を活かして、我が国で初めて大中口径管に対応できる改築推進掘進機である。 (株)推研 1 1 2011 2017/10