(一社)農業農村整備情報総合センター(ARIC) > 農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD) > 分野別検索

農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD)

トップページに戻る

分野別検索

検索結果

検索結果:103件

登録番号技術名称技術の概要登録会社名採用実績開発年更新年月
農業農村整備事業その他事業
0127 ROVOケーソン工法 ニューマチックケーソン工法における函内作業の無人化を図り、掘削・排土作業の能力向上、高圧気下の労働環境の改善、並びに周辺環境に優しい施工を可能としている。 (株)大本組 1 17 1990 2016/08
0141 SD(スロット・ドリリング)工法 低振動、低騒音の山岳トンネル掘削工法です。従来は大型の油圧くさびと油圧ブレーカーを用いて掘削していましたが、本技術により低コストで効率的な無発破掘削や低振動発破掘削が可能となります。  (株)奥村組 1 46 1983 2017/09
0163 ラップストーン工法 自然石にストッパーパネル付きアンカー材を装着したユニットを、裏込材を充填しながら急勾配に積み上げる河川・水路・湖沼等の護岸工法。練石積工法等を活用していた場所への本技術の活用により、生態系・景観への配慮及び施工性の向上が期待できる。 環境工学(株) 400 2600 1997 2016/02
0223 エポコラム工法(エポコラム-Loto工法・エポコラム-Taf工法) 本工法は、現位置地盤に固化材を注入しながら篭状撹拌翼の外翼と芯翼が同一方向に回転し、中翼と掘削ヘッドが異方向に回転を行う三次元的な複合相対撹拌を行う。また、大口径コラム(φ2,500)の築造は経済性に優れ、工期の短縮、用途の拡大化が図れます。 エポコラム協会 32 1202 1990 2013/04
0227 斜角門形カルバート 小スパンの橋梁の代替え工法として河川、用排水路を取り壊さず、跨ぐ「門形カルバート」である。さらに、側壁の角度を現場に合わせて自由に変化出来る「側壁可変型プレキャスト門形カルバート」である。 共和コンクリート工業(株) 41 289 2002 2015/04
0243 鋼製スリットウォール工法 ボルトにより連結された鋼製壁面材(スリットウォール)と、チェーン・横方向鉄筋・端末固定金物で構成される補強材(チェーンマット)に作用する補強土壁工法。 (株)タジマ工業 22 177 1998 2009/05
0249 改良安定材 砕石微粉末(脱水ケーキ)の安定処理材であり、抑草効果を目的とした多用途盛土材。 大坪石材(株) 0 75 2004 2012/10
0259 デンカスプリード及びデンカスプリードエース工法 塩害、凍害、中性化等によって劣化したコンクリート構造物の断面修復を行うために開発した湿式吹付け用ポリマーセメントモルタル。 電気化学工業(株) 5 140 1998 2009/10
0264 ASフォーム工法 レジンコンクリートを構成材料とした高耐久性埋設型枠材を用いて、コンクリートの補修・改修・防食を行う工法。 麻生商事(株) 39 123 1992 2014/07
0277 ESR工法 土質改良において混合能力等に優れた自走式土質改良機を用いるとともに、事前調査から品質管理までを一貫して行うことで高品質な改良土を供給する工法です。特に、配合設計時と現場改良時の土の密度や含水比の違いに応じた適切な添加量での施工が可能です。 新潟県土質改良事業協同組合 29 303 2002 2012/10
0278 タフグリーン工法 タフグリーン工法は,森林土壌に近い『腐植土』を混合した植生基盤を,『補強短繊維』等と共に斜面に吹き付け,その表面に侵食防止効果の高い『土壌侵食防止マット』を敷設する植生基材吹付工法 (株)ナビコグリーン 3 257 2002 2012/09
0281 水中不分離性充填材「マックスAZ」 「マックスAZ」は、水中不分離性、高流動性、自己充填性、セルフレべリング性、水中での強度発現性を兼ね備えた高性能な無収縮モルタルである。また、プレミックス化されているため、規定量の水を加えるだけで品質的に安定したモルタルを供給できる。 (株)ファテック 4 10 2004 2013/06
0286 SKILLS超長距離圧送ネオグラウト工法 道路・水路等の特に長大なトンネルにおいて、坑外に設けたプラントから、セメントとフライアッシュをそれぞれ主材とし特殊増粘剤等を加えた2種類の溶液を長距離圧送(4km)し、注入箇所付近で合流混合し空洞に注入充填を行う工法。 名工建設(株) 0 7 2007 2012/10
0288 スーパーワイドボックス(SWB) 超大型4分割ボックスカルバート。 昭和コンクリート工業(株) 0 29 2004 2014/12
0289 ハイティーウォール 構造用プレキャストコンクリートブロック積上げ式擁壁。 昭和コンクリート工業(株) 4 54 1999 2014/12
0295 「垂直擁壁」ポラメッシュ 本技術は、ポーラスコンクリートブロックと特殊金網とで構成される、排水性に優れた垂直擁壁である。傾斜地に設置する場合、直高を低く抑えられ、また背面地山の掘削量を低減出来るので、経済性及び施工性に優れた擁壁の構築が可能となる。 ポラメッシュ工業会 5 258 2007 2016/05
0299 SEEE/KIT受圧板 斜面安定・地すべり抑止に用いられるグラウンドアンカー用の緑化対応型軽量鋼製受圧板です。断面が小さく、高さも低いため、全面緑化に近い開放型の緑化が可能です。 (株)エスイー 30 2572 2003 2016/07
0302 中性域対応型土質安定剤グリーンアースシリーズ 建設発生土や浚渫土の中性域対応型の土質改良、重金属汚染土の不溶化、廃棄物混入土砂の分別処理を行う技術。 緑商事(株) 0 12 2007 2009/05
0309 めっきかご枠 EGボックス EGボックスは、めっき処理溶接金網で箱型に構成された土留め用かご擁壁である。全部材にめっき処理を採用することにより、従来品(塗装品)の問題であった早期発錆を解決し、高耐久性及びライフサイクルコストの低減を実現した。 共和ハーモテック(株) 255 5261 2001 2015/02
0313 コニカルマット工法 円錐形コンクリートブロック間の砕石層のインターロッキング効果と高強度合成繊維シートによるブロックの拘束効果の相乗作用により、支持力向上、不同沈下抑制、路盤補強、液状化抑制といった効果を発揮する。 (株)アドヴァンス 63 7 2007 2012/10
0314 PCL工法 プレキャスト製の鉄筋コンクリート及び超高強度繊維補強コンクリートを用いたトンネル覆工内巻き工法。老朽化したトンネルの補修や補強、新設トンネルの二次覆工に使用される。 PCL協会 4 8 1985 2016/03
0319 大型めっきかご枠 大型EGボックス 本技術は抜群の耐久性と剛性を兼ね備えた大型かご枠工である。亜鉛めっき処理を施した事により、従来技術であるカゴ枠工に比べ、優れた耐久性を実現。更に十分な補強を施した事により、一段当りの高さを1mとする事が可能となり、施工性が大幅に向上した。 共和ハーモテック(株) 61 790 2004 2015/02
0336 モールボルティング(MOLE-Bolting)工法 ロックボルトによる極小断面トンネル補修工法。 三井住友建設(株) 0 1 2009 2009/11
0337 モールグラウト(MOLE-Grout)工法 特殊な施工条件を克服するトンネル覆工背面充填工法。 三井住友建設(株) 0 1 2009 2009/11
0338 太平洋カルストーン(人工軽量盛土材) 内部摩擦角が大きく、物理的、化学的に安定した、100%天然原料(頁岩)の人工軽量盛土材。 太平洋セメント(株) 13 349 2009 2015/08
0339 RASコラム工法 大口径機械撹拌深層混合処理工法。 ライト工業(株) 7 289 1994 2015/04
0341 ロービングウォール工法 長繊維混入補強土一体緑化工法。 ライト工業(株) 34 1420 1991 2015/04
0342 オールグリーニング工法 環境配慮型短繊維混入高機能吹付緑化工法。 ライト工業(株) 12 90 2001 2015/04
0343 RSIグラウンドアンカー工法 繰り返し注入型アンカー工法。 ライト工業(株) 11 108 1992 2015/05
0344 ユニラップ工法 長距離・高揚程モルタル・コンクリート圧送工法。 ライト工業(株) 8 221 1998 2015/05
0351 限定充填工法 充填材の流動性制御による地下空洞限定範囲の充填工法 飛島建設(株) 0 10 1999 2009/12
0352 TDRショット工法 コンクリート構造物の断面修復用湿式吹付け工法。 飛島建設(株) 1 15 2004 2009/12
0360 ロスゼロ シールド一次覆工において、切羽の安定と掘進精度確保を両立させながら、一部のセグメントを掘進と同時に組み立てることにより、施工の高速化を図る技術。 飛島建設(株) 0 4 2008 2010/01
0361 FLEX 圧力制御式シールド自動推進工法。 飛島建設(株) 0 33 1989 2010/01
0362 小断面遠心力トンネル吹付け工法 小断面トンネルの粉じん低減対策。 三井住友建設(株) 0 2 2004 2010/03
0364 HiSP工法 高圧ポンプ高強度吹付工法。 日特建設(株) 1 50 1998 2015/01
0371 スプリッツアンカー工法 軟弱地盤に確実に定着できる削孔技術。 日特建設(株) 0 39 2002 2015/01
0375 親杭パネル壁工法 急峻な地形での掘削量の少ない山留め式擁壁。 日特建設(株) 2 168 1993 2015/01
0377 パーマコート工法 FRPシートによるコンクリート構造物の補修工法。 (株)竹中土木 0 9 2004 2010/04
0388 ネットバリヤー工法(C2) アラミドとビニロン不織布とで構成される連続繊維シートを無機系のポリマーセメントモルタルで貼り付ける、既設コンクリート構造物のはく落防止工法です。 (株)フジタ 1 212 2000 2015/05
0390 気泡ソイルセメント柱列壁工法 環境負荷低減を目指したソイルセメント壁工法。 三井住友建設(株) 0 1 2009 2011/04
0392 エコサイクル緑化工法 伐採木・抜根材等によるリサイクル緑化工法。 ライト工業(株) 41 481 1996 2014/10
0393 NSDシステム 無足場による補強土削孔システム。 ライト工業(株) 3 112 1997 2014/10
0395 ロービングショット工法 長繊維混入厚基材吹付工。 ライト工業(株) 17 336 1988 2014/10
0396 ロービングソイル工法 長繊維混入客土吹付工。 ライト工業(株) 12 78 1988 2014/10
0400 イージースラブ橋 簡単な加工(孔あけ)を施したH形鋼を並べて架設し、下フランジ間に桁下面型枠を設置し、腹板(Web)に設けた孔に横繋鉄筋を通してその両端をナットで留め、桁上面鉄筋等を配置して桁間にコンクリートを打設して橋体を築造する複合構造(SRC構造)の橋梁。 (株)加賀田組 0 106 2002 2017/10
0401 イージーラーメン橋 橋梁上部工と橋梁下部工を剛結合し、上下部一体構造とした複合門形ラーメン橋。 上部工は、イージースラブ橋構造を採用している。 下部工は、直接基礎、杭基礎、矢板基礎などの基礎形式に対応可能。 (株)加賀田組 6 165 2007 2017/10
0405 Sto乾式吹付耐震補強工法 河積阻害や建築限界等の構造寸法上制約のある既存RC構造物の耐震補強において、従来の対策工法である鋼板巻立て工法等よりも工期短縮・コスト縮減が可能であり、また、耐久性に優れた補強断面の形成により既存RC構造物の長寿命化が可能な工法である。 StoCretec Japan(株) 0 149 2007 2017/10
0406 シラン系表面含浸材 Sto Cryl HG 200 コンクリート表面に塗布することで内部に含浸しながら撥水層を形成し、コンクリートの劣化要因の侵入を抑制して構造物を保護する、シラン系の表面含浸材。 StoCretec Japan(株) 0 88 1994 2017/10
0411 BM-Sダンパー シリンダー型ダンパーを用いた制震工法。 オイレス工業(株) 0 38 2001 2011/12
1004 底樋管 地盤の変形にも追従するフレキシブルで、完全止水のジョイント工法を採用したプレキャストコンクリート底樋管。 大和クレス(株) 106 5 1997 2017/09
1006 高耐力マイクロパイル 高耐力マイクロパイルは、従来のマイクロパイルの技術にグラウンドアンカー工法で用いられている削孔技術や注入材の加圧注入技術を取り入れ、補強材として異形棒鋼に加えて高強度の鋼管を埋め込むことにより、小口径でも高耐力・高支持力を可能にした杭です。 (株)フジタ 1 244 1997 2015/04
1009 地震・洪水に強く、人力主体で施工できる盛土の補強技術 本技術は大型土のうを傾斜して法面に積み上げ、盛土を補強するものです。災害時の応急対策、洪水時の波浪侵食対策、耐震対策などに活用できます。 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究所 2 2 2011 2012/09
1013 REDEEM工法 主にトンネル覆工の内巻き補強工法。薄肉(50~100mm)で既設覆工と同等程度の耐力がある。大型機械や設備を用いず施工可能。 鉄建建設(株) 0 13 2000 2015/07
1016 ビオクリート(高流動コンクリート) 締固め作業を必要とせず、高品質なコンクリート構造物の構築が可能な高流動コンクリート。 大成建設(株) 0 192 1990 2015/01
1019 トンネルリニューアル技術(PIC版) ポリマー含浸コンクリート製の脱型不要のプレキャスト埋設型枠。 大成建設(株) 0 7 1985 2015/01
1021 セットフォーム工法 本技術は既設水路トンネルの補修工事において、覆工コンクリート背面に生じる空隙を発泡ウレタン(セットフォーム)によって充填する裏込注入工法です。 日清紡ケミカル(株) 14 286 1987 2016/08
1023 SR橋梁防水工法 SRシートによる橋梁のコンクリート床版の防水工法 静岡瀝青工業(株) 3 9 1999 2017/09
1026 リペラーク(炭素繊維シート) 高強度・高弾性の炭素繊維を一方向に引き揃えたリペラーク(炭素繊維シート)を、エポキシ樹脂にて含浸、接着することにより、コンクリート構造物の補修・補強を行う。 三菱樹脂インフラテック(株) 0 417 1988 2012/12
1027 eプレート(炭素繊維強化プラスチック板) 炭素繊維を板状に加工した炭素繊維強化プラスチック板をペースト状エポキシ樹脂系接着剤で構造物に接着固定する補強工法。 三菱樹脂インフラテック(株) 0 359 2006 2012/12
1032 アクアカーテン コンクリート工事において壁や柱等の鉛直面や傾斜面の型枠を取りはずした後のコンクリート面に養生水を安定的に供給する工法。表層(かぶり)コンクリートを密実化することによって劣化因子の侵入を抑制し、コンクリート構造物の長寿命化を図る。 (株)安藤・間(安藤ハザマ) 5 40 2010 2015/03
1036 プラロード式簡易仮設道路工法 耕作地など軟弱地盤に設置する簡易仮設道路工法。 積水テクノ成型(株) 21 192 2004 2015/06
1038 アウトプレート工法 アウトプレート工法は連続繊維シート工法に比べ、少ない補強材料で大きな補強効果をえることができ、補強後の外観形状、断面変化がほとんどない。以下にその特徴を示す。 1.高い曲げ補強効果 2.高いひび割れ抑制効果 3.たわみの回復。 アウトプレート工法研究会 0 55 1998 2017/04
1042 自然由来の重金属汚染土対策に用いる吸着剤(SMV) トンネル・河川・道路・ダムなどの建設現場で発生する自然由来の重金属汚染土(土壌汚染対策法の第二種特定有害物質汚染土)対策の吸着工法技術。 (株)イーエス総合研究所 0 2 2011 2015/09
1043 TORAYCA トレカクロス工法 本技術は炭素繊維を一方向又は二方向に配列させた炭素繊維シートを、エポキシ樹脂等の常温硬化型接着剤を用いて対象物の表面に貼り付けることにより、コンクリート構造物の補修・補強をする施工性に優る工法である。 東レ(株) 3 1700 1997 2013/03
1050 スーパーホゼン式工法 本工法は、劣化損傷したコンクリート水路関連構造物にポリマーセメントモルタルを吹付け増厚(エポキシ樹脂注入併用による完全一体化)して疲労耐久性、美観および維持管理性に優れた補修・補強技術です。 (一社)日本建設保全協会 5 59 2006 2015/11
1055 RCGインナーシール けい酸塩を主成分とした粒子コロイドが含浸して空隙・細孔を塞ぎ、コンクリート内部の水酸化カルシウムと反応してC-S-Hゲルを形成。粒子コロイドの物理的作用と化学反応の相乗効果にてコンクリートを緻密化し、水や劣化因子の侵入を防ぐ表面含浸工法。 岡三リビック(株) 6 396 1997 2013/06
1063 ハイダセール 小動物等が水路から脱出するために必要な斜路を設置した側溝。 ランデス(株) 348 652 1991 2017/07
1067 マジカルグラウト工法 マジカルグラウト工法は、注入時のリークや材料分離が少ない、限定注入可能な効率的な空洞充填工法である。エア混入タイプとエア非混入タイプをニーズにより選択できる。 鹿島建設(株) 0 5 2003 2013/09
1068 高靱性複合材料を用いた吹付け補修・補強工法「ECCショット」 ECCショットは、高靱性セメント複合材料(ECC)を用いた吹付けによる補修・補強工法である。最先端の力学モデルに基づいた配合設計により、従来の補修材料にないひび割れ分散性能及び高い引張・曲げ変形性能を実現している。 鹿島建設(株) 1 1 2001 2013/09
1069 浸透性吸水防止材「マジカルリペラー」 マジカルリペラーは、コンクリート表面にシリコーン樹脂の吸水防止層を形成する材料である。コンクリート内部への水や劣化因子の浸透を防止することにから、塩害・凍害・アルカリ骨材反応等の劣化進行を抑制することができる。 鹿島建設(株) 0 400 2000 2013/09
1073 SR-LG工法 (可塑材長距離圧送) SR-LG工法はA液(主材側)にセメント・フライアッシュ(石炭灰)を使用し、B液(ポリマー系可塑化材側)の2液をそれぞれ別々に圧送ポンプで4000mまでの長距離圧送を行い、注入口元にて2液を混合しトンネル空洞に可塑材を充填する工法です。 SR協会 4 13 2002 2015/12
1078 TSクラックフィラーひび割れ注入工法 コンクリートの微細なひび割れや空隙、漏水、止水等を水循環式ドリルで穿孔して高流動超微粒子セメントを注入する工法。 ひび割れ注入工法研究会 0 54 2009 2017/06
1084 ニューレスプ工法 老朽化した吹付けモルタル・コンクリート法面の補修・補強による再生技術。 日特建設(株) 1 57 2011 2015/01
1099 フォルカトウシート工法 連続繊維シートによるコンクリート構造物の補修・補強工法。 新日鉄住金マテリアルズ(株) 31 8090 1989 2017/07
1100 フォルカストランドシート工法 特殊加工を施した連続繊維シートによるコンクリート構造物の補修・補強工法。 新日鉄住金マテリアルズ(株) 4 480 2007 2017/07
1101 フォルカトウメッシュ工法 ガラスクロス付き連続繊維FRP格子筋を用いたコンクリート構造物の剥落防止工法。 新日鉄住金マテリアルズ(株) 0 1133 2001 2017/07
1102 フォルカトウプレート工法 CFRPプレートを用いたコンクリート構造物の補修・補強工法。 新日鉄住金マテリアルズ(株) 0 98 2001 2017/07
1122 リピーボード 本技術は、再生ポリエチレンを用いた軽量敷板で、従来は敷鉄板で対応していた。本技術の活用により、重機を使用していた設置・撤去が人力のみで容易に行え、施工性の向上および使用後のリユース・再資源化によるリサイクル性の向上が図れます。 (株)オオハシ 0 14 2011 2015/01
1124 「法留かご」ステップロック ステップロックは、亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網を逆台形形状に加工した耐久性・自立性に富む1割前後の勾配の切土法面に設置するかご工である。かご正面は階段式、背面はスロープ式と同様の形状となり、背面地山を効率的に保護することが可能となった。 共和ハーモテック(株) 2 11 2013 2016/04
1125 「省力化かご工」ハイパーマット多段積型 従来技術であるふとんかごの耐久性や強度を改良した階段積のかご工法です。ふとんかごは自立性が無いため、施工性と出来形精度の悪さが課題となっていました。 本体がU型自立形状であるハイパーマットを使用することで、これらの問題が解決されます。 共和ハーモテック(株) 88 620 2009 2016/04
1126 「省力化大型かご工」大型ハイパーマット 大型ハイパーマットは、φ8・9㎜線を主体とした亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網を、コイル・ボルト連結にて箱状に組立て、一体化したかご体を構成する技術である。過去のかご製品と比較して、高強度・剛性を実現し大型断面に対応可能とし、施工性を向上した。 共和ハーモテック(株) 1 34 2014 2016/10
1127 「省力化かご工」吊り式ハイパーマット 吊り式ハイパーマットは従来技術の、ふとんかごの耐久性や強度を改良し、吊り施工を可能としたかご工法です。吊り施工を可能としたことで、現地作業の大幅な低減が可能となり、時間的、空間的制約に対して効果を発揮します。 共和ハーモテック(株) 0 20 2014 2016/10
1132 鋼製組立網 ガードン 鋼製組立網ガードンは、現場の形状に応じて、自由に設計・施工が可能なパネル式のかご工法(大型ふとんかご工)です。かご体が、ひし形金網を主体として構成されるため、柔軟性に富み、地すべり地帯や不陸等、地盤の悪い場所にも施工が可能です。 共和ハーモテック(株) 240 2616 1994 2015/02
1140 浸透性吸水防止材『レジソークType1』 レジソークType1はコンクリート構造物にシラン・シロキサン系樹脂の層を形成する材料。コンクリート構造物表面に塗布することで、表面からの水分、塩分等の浸入を防ぎ、塩害や凍害、中性化などによる劣化進行を抑制、鉄筋防錆効果を発揮する。 大日本塗料(株) 0 35 2011 2015/05
1142 PSR工法 本技術は多機能特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)を用いた鉄筋コンクリート床版の補強工法である。本技術の活用により、設計荷重の増加による耐荷力不足や輪荷重による疲労劣化により損傷した床版を補強することが可能である。 前田工繊(株) 5 290 1986 2015/06
1143 PT工法 本技術は多機能特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)を用いたトンネル内面の補強工法である。トンネル覆工裏面へ裏込め注入をする際の注入圧および注入材死荷重の増加に対する補強に本技術が活用できる。 前田工繊(株) 0 40 1990 2015/06
1145 PP工法 本技術は多機能特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)薄層巻立てによる既設RC橋脚耐震補強工法である。本技術の活用により、増厚による構造寸法の増大などの軽減が図られ、耐震補強設計時の設計制約に対する適応性が期待できる。 前田工繊(株) 3 346 1997 2015/06
1148 Gベース 擁壁等の構造物直上に設置が可能な、コンクリート2次製品による車両用防護柵の基礎ブロック「Gベース」。 (株)ホクコン 51 1595 2005 2015/06
1149 スラメント工法 日々の注入設備の水洗いが不要で工程短縮等経済性の向上が計れ、長距離圧送性に適した非セメント系可塑状空洞・空隙充填材。 可塑状グラウト協会 0 0 2014 2015/06
1161 「省力化かご工」ハイパーマット土砂詰めタイプ ハイパーマット土砂詰めタイプはφ6㎜線を主体とした亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網をコイル・ボルト連結にて箱状に組立て、一体化したかご体を構成する技術である。中詰材に土砂を使用可能とし、従来技術のかご枠より経済性を向上した。 共和ハーモテック(株) 0 1 2015 2016/03
1169 TS目地ガードN(ゴム状高弾性目地) TS目地ガードNは1液で品質の安定が図れると共に、目地の耐水性・防傷性・耐摩耗性の性質をそのままに、最適の伸縮性と耐候性を付与した土木目地材で農業用水路、共同溝、遊水地、橋梁の伸縮、コンクリート二次製品継ぎ部の目地に最適な目地材です。 (株)シクソン 11 9 2006 2016/06
1173 ラップブロック工法 連結した5個のコンクリートブロックの背面に、ストッパーパネルを端部に装着させたアンカー材を固着し、コンクリートブロックとストッパーパネルの間に裏込材を充填しながら急勾配に積み上げるアンカー式空積ブロック工法。 環境工学(株) 140 1260 1997 2016/07
1175 スーパージュライトシリーズ 本技術は、再生ポリエチレンを使用した軽量敷板であり、重機が必要であった重い敷鉄板に代わる技術である。また、本技術は、養生面の曲がりや段差に柔軟なため、下地処理の手間が低減され、施工性の向上が期待できる。 京葉興業(株) 0 4200 2013 2016/07
1177 ハードストーン工法 植石を施したコンクリートブロックを前面に配置し、ボルトにより連結した背面のコンクリートブロックの間に胴込コンクリートを充填しながら施工し、従来の練石積(張)に比べ景観を維持しつつ施工性を向上させた擁壁、護岸工法。 環境工学(株) 5 165 2005 2016/08
1190 オーバーロック工法 オーバーロックは、厚さ調整が可能なアジャスター機能付き定着アンカーを背面に取り付けた幅2.0m×高1.0m、厚さ120mmの防潮堤被覆に使用する、型枠兼用コンクリートパネル材です。 環境工学(株) 0 2 2015 2016/10
1191 ストーンメイキング工法 ストーンメイキング工法とは、ブロック積擁壁やコンクリート擁壁等の表面を自然石で修景・修復する工法です。既設の水路や護岸の改修工事で採用されています。 裏込めコンクリートの厚さや強度調整により、耐震補強などの拡幅工事も可能です。 環境工学(株) 50 220 1999 2016/11
1203 NTRフォーム工法 本技術は小型設備で施工できるウレタン空洞充填工法であり、引込み電源またはバッテリー電源での施工を選択できる。極めて狭隘な施工には特殊の小型注入機も用意している技術である。 NTRフォーム研究会 11 147 2006 2017/04
1207 BFSコンクリートスラブ 農道の簡易床版橋を構築するためのプレキャスト床版であり、高炉スラグを用いた超耐久性コンクリート「BFSコンクリート」を使用する事で凍害・塩害に対する抵抗性を普通コンクリートに比較して大幅に高め、構造物の長寿命化を図った。 ランデス(株) 0 34 2012 2017/07
1213 KCフォーム(GRC製側溝用埋設型枠) 開水路や側溝に現場打ち鉄筋コンクリート蓋を作製するための埋設型枠。 インフラテック(株) 280 65720 1983 2017/07
1214 JSフォーム(GRC製大型側溝用埋設型枠) 開水路や側溝に現場打ち鉄筋コンクリート蓋を作製するための埋設型枠(溝幅600~1500mmの大型側溝適用)。 インフラテック(株) 50 9950 1992 2017/07
1215 LSフォーム(FRC製プレストレスト長尺埋設型枠) 開水路や側溝に現場打ち鉄筋コンクリート床版を作製するための埋設型枠(溝幅1400~2500mmの大型側溝適用)。 インフラテック(株) 1 32 2016 2017/07
1224 軟弱路床工用ツインガード 軟弱路床上に舗装を行うする際、路盤(置換)下に敷設するジオテキスタイル。本製品により分離材の機能を行い、路盤(置換)厚を軽減することができ、従来の軟弱路床工事で採用されていた置換工や安定処理工より掘削量を減らせ、工期短縮が図れる。 大嘉産業(株) 1 2 2016 2017/10