(一社)農業農村整備情報総合センター(ARIC) > 農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD) > 分野別検索

農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD)

トップページに戻る

分野別検索

検索結果

検索結果:74件

登録番号技術名称技術の概要登録会社名採用実績開発年更新年月
農業農村整備事業その他事業
0187 鋼矢板岩盤打込み工法 補助工法を用いて岩盤に直接鋼矢板を打打込む工法。 大成建設(株) 4 24 1999 2018/04
0216 多機能フィルター 斜面保護・緑化に優れた機能をもつ養生マット 多機能フィルター(株) 500 10500 1994 2017/10
0243 鋼製スリットウォール工法 ボルトにより連結された鋼製壁面材(スリットウォール)と、チェーン・横方向鉄筋・端末固定金物で構成される補強材(チェーンマット)に作用する補強土壁工法。 (株)タジマ工業 22 177 1998 2009/05
0249 改良安定材 砕石微粉末(脱水ケーキ)の安定処理材であり、抑草効果を目的とした多用途盛土材。 大坪石材(株) 0 75 2004 2012/10
0257 ハット形鋼矢板900 ハット形鋼矢板900は①ハット(帽子)形状の採用、②世界最大幅の有効幅900mmの採用、③継手位置の壁体最外縁配置により、従来のU形鋼矢板に比べ鋼重を低減するとともに、施工性・構造信頼性に優れ、かつ経済的な壁体が構築できる鋼矢板である。 (社)鋼管杭・鋼矢板技術協会 9 24 2004 2009/09
0287 箱型擁壁「フリーウォール」 可撓性を有するもたれ式擁壁。 昭和コンクリート工業(株) 42 1119 1992 2018/01
0289 ハイティーウォール 構造用プレキャストコンクリートブロック積上げ式擁壁。 昭和コンクリート工業(株) 4 61 1999 2018/01
0295 「垂直擁壁」ポラメッシュ 本技術は、ポーラスコンクリートブロックと特殊金網とで構成される、排水性に優れた垂直擁壁である。傾斜地に設置する場合、直高を低く抑えられ、また背面地山の掘削量を低減出来るので、経済性及び施工性に優れた擁壁の構築が可能となる。 ポラメッシュ工業会 7 595 2007 2018/05
0299 SEEE/KIT受圧板 斜面安定・地すべり抑止に用いられるグラウンドアンカー用の緑化対応型軽量鋼製受圧板です。断面が小さく、高さも低いため、全面緑化に近い開放型の緑化が可能です。 (株)エスイー 30 2572 2003 2016/07
0309 めっきかご枠 EGボックス EGボックスは、めっき処理溶接金網で箱型に構成された土留め用かご擁壁である。全部材にめっき処理を採用することにより、従来品(塗装品)の問題であった早期発錆を解決し、高耐久性及びライフサイクルコストの低減を実現した。 共和ハーモテック(株) 255 5261 2001 2018/05
0319 大型めっきかご枠 大型EGボックス 本技術は抜群の耐久性と剛性を兼ね備えた大型かご枠工である。亜鉛めっき処理を施した事により、従来技術であるカゴ枠工に比べ、優れた耐久性を実現。更に十分な補強を施した事により、一段当りの高さを1mとする事が可能となり、施工性が大幅に向上した。 共和ハーモテック(株) 61 790 2004 2018/05
0323 大型残存型枠 AKYパネル 製品の大型化・高強度化による施工の作業効率性、省力化の向上を目的とした大型残存化粧型枠 (株)アドヴァンス 0 21 2007 2012/10
0334 エコボックス 大型ブロック積擁壁を構築する中空型のプレキャストコンクリートブロック。 ランデス(株) 46 1463 1992 2017/07
0341 ロービングウォール工法 長繊維混入補強土一体緑化工法。 ライト工業(株) 34 1420 1991 2018/05
0342 オールグリーニング工法 環境配慮型短繊維混入高機能吹付緑化工法。 ライト工業(株) 12 90 2001 2018/05
0343 RSIグラウンドアンカー工法 繰り返し注入型アンカー工法 ライト工業(株) 11 108 1992 2018/05
0344 ユニラップ工法 長距離・高揚程モルタル・コンクリート圧送工法 ライト工業(株) 8 221 1998 2018/05
0354 サンKクリア工法 製品底版下の高さ固定ボルトで均しコンクリート基面より浮かせて製品を先行敷設し、後打ちコンクリートを製品底版と均しコンクリート基面との間に打設して、製品と均しコンを一体化する工法。 ランデス(株) 7 66 1993 2017/07
0355 プロムナード 法面勾配1割~3割まで対応可能な鉄平石模様のプレキャスト擬石階段ブロック。 ランデス(株) 31 1057 1988 2017/07
0364 HiSP工法 高圧ポンプ高強度吹付工法。 日特建設(株) 4 62 1998 2018/04
0366 Slope Doctor(スロープドクター) モルタル吹付のり面の維持管理マネジメントシステム。 日特建設(株) 4 96 2002 2018/04
0369 カエルドグリーン工法 表土利用による自然復元 ・ 建設発生土・伐採樹木のリサイクル利用が可能な法面緑化吹付工法。 日特建設(株) 8 64 2001 2018/04
0370 ジオファイバー工法 連続繊維を用いた複合補強土工法。 日特建設(株) 125 3092 1987 2018/04
0371 スプリッツアンカー工法 軟弱地盤に確実に定着できる削孔技術。 日特建設(株) 0 39 2002 2018/04
0373 ファイバーソイル緑化ステップ工法 斜面緑地の緑化工法。 日特建設(株) 4 72 1973 2018/04
0374 自生種回復緑化工法 森林表土を利用した生物多様性に配慮したのり面緑化工法。 日特建設(株) 1 17 2006 2018/04
0375 親杭パネル壁工法 急峻な地形での掘削量の少ない山留め式擁壁。 日特建設(株) 5 214 1993 2018/04
0392 エコサイクル緑化工法 伐採木・抜根材等によるリサイクル緑化工法。 ライト工業(株) 41 481 1996 2018/05
0393 NSDシステム 無足場による補強土削孔システム。 ライト工業(株) 3 112 1997 2018/05
0394 岩盤接合補強(RRB)工法 岩盤と地山を接合させて補強し安定させる工法。 ライト工業(株) 5 112 1997 2018/05
0395 ロービングショット工法 長繊維混入厚層基材吹付工 ライト工業(株) 17 336 1988 2018/05
0396 ロービングソイル工法 連続長繊維混入客土吹付工 ライト工業(株) 12 78 1988 2018/05
0399 超防食セラミックコーティング工法 鋼矢板の劣化状態に基づき、ブラスト、超高圧ウォータージェットを使用し、健全な鋼材面を均一に露出させ、ラスタッフ2110でコーティングすることにより、既設鋼矢板の腐食進行を抑制し、長期的な防食を行う。 (株)加賀田組 13 0 2004 2017/10
0413 竹繊維法面緑化工法 循環型資源となる伐採竹を有効利用したリサイクル工法。 日本基礎技術(株) 0 4 2002 2018/06
0414 膨軟化チップ吹付工法 チップ加工された建設発生木材を圧縮加熱加工(膨軟化)して吹付けるリサイクル緑化工法。 日本基礎技術(株) 8 24 2003 2018/06
0415 階段植生工 植生復元困難地の樹林化とその永続的な創造。 日本基礎技術(株) 3 8 1998 2018/06
1014 自然・環境に調和する擁壁工「ブランチブロック工法」 日本古来より城郭の石垣や山間部の棚田等で構築されてきた自然石を用いた石積み擁壁にコンクリート二次製品「ブランチブロック」を組み合わせて 一体化させた「自然・環境との調和」を発揮できる特徴をもつ擁壁工。 (株)高環境エンジニアリング 4 57 2003 2017/07
1015 アンカーリフトオフ試験システム(LOT-006) アンカーの適性・確認試験、リフトオフ試験を全自動で行う装置。 ライト工業(株) 4 21 2010 2018/05
1037 芝品種ティフ・ブレアを用いた工法 水田畦畔等農地の維持管理労力軽減を目指した緑化工法。 タキイ種苗(株) 120 440 2001 2015/08
1046 のリフレッシュ工法 産業廃棄物の発生を抑制した既設のり面構造物(吹付モルタル)の補修技術 ライト工業(株) 2 281 2009 2018/05
1064 TSC水路補修工法(アラミド繊維入りPCMでの補修工法) 従来の有機系水路補修工法と比較するとTSC水路補修工法は無機質材料の特徴を生かし、既存コンクリートの脆弱部を強化する。更に付着・防水・耐候・耐摩耗性・表面強度が向上します。これにより全体的に耐久性の向上が図られる。 (株)シクソン 41 40 2001 2016/06
1066 表面含浸工法(ケイ酸塩系) 本材料は既存コンクリートに塗布することにより、コンクリート内に浸透し内部で化学反応を発生させると共に、コンクリート表層部にガラス物質を形成し水の浸透を遮断し、コンクリート劣化抑制効果により耐久性の向上が図れる。 (株)シクソン 16 25 2001 2016/06
1075 立体ジオセル工法 ジオウエッブ ジオウエッブは耐久性に優れた高密度ポリエチレン板を高周波で連続したハニカム状に圧着したジオセル製品でセル構造に充填材を詰めることにより強度のある構造体となる。法面保護工、擁壁工、護岸工(ため池・水路・河川)として使用実績がある。 旭化成アドバンス(株) 32 653 1970 2018/01
1084 ニューレスプ工法 老朽化した吹付けモルタル・コンクリート法面の補修・補強による再生技術。 日特建設(株) 3 236 2011 2018/04
1086 ハイブリッドセル工法 従来、ジオテキスタイルは平面的に整形されていました。ハイブリッドセルは立体的に整形し、広範囲な建設工事に適用できる製品です。ハイブリッドセル工法は用途によってハイブロック工、ハイフレーム工、ハイマット工、ハイロード工があります。 (株)ジオベクトル 25 410 2001 2016/04
1088 バリヤーグラス工法 産業副産物であるクリンカーアッシュや針葉樹皮を利用した防草技術。 技研興業(株) 9 109 2008 2016/11
1095 トライアン 消波と護岸の両機能を同時に満足させるブロック。 技研興業(株) 452 1583 1967 2016/11
1097 ポルトガードプレクサス工法(けい酸塩系表面含浸工法) けい酸塩系表面含浸材を塗布することで、コンクリート中の水酸化カルシウムとの反応により、表層部を緻密化させることで、コンクリートの改質を図る工法。 従来必要としていた散水養生を不要とする事で、施工性・経済性の向上が得られる。 (株)セントラルコンクリート 1 162 2008 2017/03
1104 鎧(よろい)ブロック (無人化施工対応残存型枠ブロック) コンクリート構造物を構築する場合、型枠や支保工などが必要ですが、コンクリートブロックが型枠の代替となる技術です。 技研興業(株) 0 57 2006 2016/11
1118 改良センチピードグラス“ティフ・ブレア”吹付による雑草抑制法 雑草が繁茂し除草作業を必要としている既存法面(主に水田畦畔)に、ティフ・ブレア種子を吹き付け芝生化し、除草維持管理労力を最小限に軽減することを可能にした特許工法。 (有)だるま製紙所 354 6 2008 2017/10
1124 「法留かご」ステップロック ステップロックは、亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網を逆台形形状に加工した耐久性・自立性に富む1割前後の勾配の切土法面に設置するかご工である。かご正面は階段式、背面はスロープ式と同様の形状となり、背面地山を効率的に保護することが可能となった。 共和ハーモテック(株) 2 11 2013 2018/05
1125 「省力化かご工」ハイパーマット多段積型 従来技術であるふとんかごの耐久性や強度を改良した階段積のかご工法です。ふとんかごは自立性が無いため、施工性と出来形精度の悪さが課題となっていました。 本体がU型自立形状であるハイパーマットを使用することで、これらの問題が解決されます。 共和ハーモテック(株) 136 2197 2009 2018/05
1126 「省力化大型かご工」大型ハイパーマット 大型ハイパーマットは、φ8・9㎜線を主体とした亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網を、コイル・ボルト連結にて箱状に組立て、一体化したかご体を構成する技術である。過去のかご製品と比較して、高強度・剛性を実現し大型断面に対応可能とし、施工性を向上した。 共和ハーモテック(株) 1 34 2014 2018/05
1127 「省力化かご工」吊り式ハイパーマット 吊り式ハイパーマットは従来技術の、ふとんかごの耐久性や強度を改良し、吊り施工を可能としたかご工法です。吊り施工を可能としたことで、現地作業の大幅な低減が可能となり、時間的、空間的制約に対して効果を発揮します。 共和ハーモテック(株) 0 20 2014 2018/05
1132 鋼製組立網 ガードン 鋼製組立網ガードンは、現場の形状に応じて、自由に設計・施工が可能なパネル式のかご工法(大型ふとんかご工)です。かご体が、ひし形金網を主体として構成されるため、柔軟性に富み、地すべり地帯や不陸等、地盤の悪い場所にも施工が可能です。 共和ハーモテック(株) 240 2616 1994 2018/05
1133 クロノパネル 再生プラスチック製の緑化併用ロックボルト用計量受圧板。 日本基礎技術(株) 0 4 2013 2018/06
1135 永久型枠工法 施設の長寿命化対策などにおける擁壁工等のコンクリート構造物の劣化欠損部分を高強度・高耐久性モルタル二次製品(パネル、ボルト・ナット)と専用の取付治具(形状自在褄枠)を使って補修する工法。 (株)南組 0 2 2013 2018/03
1146 デコメッシュ 意匠性を持たせた凹凸のある高耐食性で超軽量の特殊金網を使用したコンクリート構造物用残存化粧型枠でコンクリートの打設と同時に石積み状の仕上がりになる。またシステム化、軽量化により簡単に早く施工できる。 フリー工業(株) 0 668 2007 2017/12
1148 Gベース 擁壁等の構造物直上に設置が可能な、コンクリート2次製品による車両用防護柵の基礎ブロック「Gベース」。 (株)ホクコン 105 2797 2005 2017/12
1156 コンクリート搬送据付装置「リフトローラー工法」 本工法は、クレーン施工困難な現場においてコンクリート製品の搬送から据付までの一連の作業を搬送装置にて連続的に行うことが出来る工法である。 丸栄コンクリート工業(株) 321 933 1996 2015/10
1161 「省力化かご工」ハイパーマット土砂詰めタイプ ハイパーマット土砂詰めタイプはφ6㎜線を主体とした亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網をコイル・ボルト連結にて箱状に組立て、一体化したかご体を構成する技術である。中詰材に土砂を使用可能とし、従来技術のかご枠より経済性を向上した。 共和ハーモテック(株) 3 24 2015 2018/06
1166 シビックマット 本技術は,多数個のコンクリートブロックをシート上に一体化したブロックマットである.施工重機を用いることにより施工効率を大幅に向上しながら河川法面などに敷設し,土壌表面の侵食を防止する技術である. 前田工繊(株) 109 493 1997 2016/05
1167 ボトルユニット 本技術は,河川及び海岸の根固め工や橋脚などの洗掘防止工に用いるポリエステル繊維を使用した袋体である.可撓性があるため,河床変動への追従性に優れている.また,袋体上部の吊りロープにより吊り上げ移動・設置ができるため施工性の向上が図れる. 前田工繊(株) 51 2075 1999 2016/05
1168 モデム 化学繊維製で二重構造の布製型枠内に,流動性コンクリート(モルタル)を施工場所にて充填し,版状のコンクリート構造物を成形する法面保護工法である.本技術の活用により工期短縮・安全性・景観性の向上が期待できる. 前田工繊(株) 22 213 2007 2016/05
1173 ラップブロック工法 連結した5個のコンクリートブロックの背面に、ストッパーパネルを端部に装着させたアンカー材を固着し、コンクリートブロックとストッパーパネルの間に裏込材を充填しながら急勾配に積み上げるアンカー式空積ブロック工法。 環境工学(株) 140 1260 1997 2016/07
1177 ハードストーン工法 植石を施したコンクリートブロックを前面に配置し、ボルトにより連結した背面のコンクリートブロックの間に胴込コンクリートを充填しながら施工し、従来の練石積(張)に比べ景観を維持しつつ施工性を向上させた擁壁、護岸工法。 環境工学(株) 5 165 2005 2016/08
1191 ストーンメイキング工法 ストーンメイキング工法とは、ブロック積擁壁やコンクリート擁壁等の表面を自然石で修景・修復する工法です。既設の水路や護岸の改修工事で採用されています。 裏込めコンクリートの厚さや強度調整により、耐震補強などの拡幅工事も可能です。 環境工学(株) 50 220 1999 2016/11
1192 ストーンライズ工法 ストーンライズ工法は、緩勾配の練石張護岸工法です。 石材に据え付け用の支持パネルとアンカー筋を取付た事により石の設置と固定が容易で、裏込めコンクリート厚さもアジャスト機能により調整でき、従来の練石張工事に比べて約2倍の施工アップが可能です。 環境工学(株) 2 22 2009 2016/11
1211 スーパーかせんカゴ ポリエステルを樹脂で被覆補強した線材でカゴ状や平張用に製作された製品で、主に用水路・排水路・ため池の護岸工や護床工、農道の法面工などに使用します。 軽量かつ酸や塩分に強く、被覆鉄線かごマットよりも安価に施工できます。 大嘉産業(株) 32 490 1998 2017/07
1222 ロンケットワラ 張り工法 この工法はワラを装着した植生シートを用いて法面を被覆し、シート内に装着した種子を生育させることにより緑化する工法である。 ロンタイ(株) 21 161 1970 2017/09
1242 ベルテール GPマット 高強度合成繊維を使用した特殊布製型枠と植生工の組み合わせによる環境を重視した法面保護工。施工現場の形状に合せて工場制作した特殊布製型枠を現場で展開し、流動性の良いモルタルをポンプで注入するコンクリート体成形法である。 旭化成アドバンス(株) 250 750 1993 2018/01
1243 ソルコマット 法面保護、侵食防止用のブロックマットで、高強度合成繊維から作られたフィルタークロスの上に、独特な形状をしたコンクリートブロックを接着固定したもので、重機を使って吊上げ敷設することで省力化、工期短縮が可能である。 旭化成アドバンス(株) 250 10000 1972 2018/01
1248 ESCON受圧板(超高強度合成繊維補強コンクリート) ESCON(超高強度合成繊維補強コンクリート)を用いたグラウンドアンカー工法用プレキャストコンクリート反力体。 大きな特徴は、超高強度・高耐久性・高流度で設計許容期間100年を標準とし、合成繊維を使用しひび割れ防止した反力体である。 (株)エスイー 0 5 2017 2018/05
1254 法面作業構台マルチアングル工法 本技術は、法面工事で安全に作業構台を作る技術です。従来の単管・クランプの足場と比較して、固定部材がシステム化され、安全性と施工性の向上が図れます。また、作業工数が削減されるため、工程の短縮と経済性の向上が見込めます。 日綜産業(株) 0 60 2011 2018/06