(一社)農業農村整備情報総合センター(ARIC) > 農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD) > 分野別検索

農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD)

トップページに戻る

分野別検索

検索結果

検索結果:12件

登録番号技術名称技術の概要登録会社名採用実績開発年更新年月
農業農村整備事業その他事業
0222 ダクタルフォーム® (含む、ダクタルライニングパネル) 超高強度繊維補強コンクリート「ダクタル」で製作した高強度・高耐久性薄肉埋設型枠です。 「ダクタル」の耐摩耗性、耐塩害性、凍結融解抵抗性等を活かした部材を利用することにより、構造物の長寿命化を図ることができます。 太平洋セメント(株) 19 19 2002 2017/12
0314 PCL工法 プレキャスト製の鉄筋コンクリート及び超高強度繊維補強コンクリートを用いたトンネル覆工内巻き工法。老朽化したトンネルの補修や補強、新設トンネルの二次覆工に使用される。 PCL協会 4 8 1985 2016/03
0353 なおしタル工法 コンクリート構造物の断面欠損、鉄筋かぶり不足、耐震補強等の補修・補強を対象とした高品質モルタルを用いた湿式吹付け工法。高チクソトロピー性を付与したモルタルで施工中のダレがなく、垂直面で150mm、天井面で100mmの厚付ができ工期短縮を可能にした。 (株)ニューテック 15 128 2009 2017/04
0404 Stoポリマーセメントモルタル乾式吹付工法 ポリマーセメントモルタルの乾式吹付による、コンクリート構造物の断面補修・補強工法。  長距離搬送・広範囲施工が可能であり、また、高密度・高品質断面の形成により構造物の長寿命化が図れる工法である。 StoCretec Japan(株) 1 623 2002 2017/10
0405 Sto乾式吹付耐震補強工法 河積阻害や建築限界等の構造寸法上制約のある既存RC構造物の耐震補強において、従来の対策工法である鋼板巻立て工法等よりも工期短縮・コスト縮減が可能であり、また、耐久性に優れた補強断面の形成により既存RC構造物の長寿命化が可能な工法である。 StoCretec Japan(株) 0 149 2007 2017/10
1019 トンネルリニューアル技術(PIC版) ポリマー含浸コンクリート製の脱型不要のプレキャスト埋設型枠。 大成建設(株) 0 7 1985 2015/01
1050 スーパーホゼン式工法 本工法は、劣化損傷したコンクリート水路関連構造物にポリマーセメントモルタルを吹付け増厚(エポキシ樹脂注入併用による完全一体化)して疲労耐久性、美観および維持管理性に優れた補修・補強技術です。 (一社)日本建設保全協会 5 59 2006 2015/11
1068 高靱性複合材料を用いた吹付け補修・補強工法「ECCショット」 ECCショットは、高靱性セメント複合材料(ECC)を用いた吹付けによる補修・補強工法である。最先端の力学モデルに基づいた配合設計により、従来の補修材料にないひび割れ分散性能及び高い引張・曲げ変形性能を実現している。 鹿島建設(株) 1 1 2001 2013/09
1084 ニューレスプ工法 老朽化した吹付けモルタル・コンクリート法面の補修・補強による再生技術。 日特建設(株) 1 57 2011 2015/01
1142 PSR工法 本技術は多機能特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)を用いた鉄筋コンクリート床版の補強工法である。本技術の活用により、設計荷重の増加による耐荷力不足や輪荷重による疲労劣化により損傷した床版を補強することが可能である。 前田工繊(株) 5 290 1986 2015/06
1143 PT工法 本技術は多機能特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)を用いたトンネル内面の補強工法である。トンネル覆工裏面へ裏込め注入をする際の注入圧および注入材死荷重の増加に対する補強に本技術が活用できる。 前田工繊(株) 0 40 1990 2015/06
1145 PP工法 本技術は多機能特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)薄層巻立てによる既設RC橋脚耐震補強工法である。本技術の活用により、増厚による構造寸法の増大などの軽減が図られ、耐震補強設計時の設計制約に対する適応性が期待できる。 前田工繊(株) 3 346 1997 2015/06