(一社)農業農村整備情報総合センター(ARIC) > 農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD) > 分野別検索

農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD)

トップページに戻る

分野別検索

検索結果

検索結果:21件

登録番号技術名称技術の概要登録会社名採用実績開発年更新年月
農業農村整備事業その他事業
0160 パルテム・フローリング工法 既設管路内で組み立てた鋼製リングに高密度ポリエチレン製の嵌合部材と表面部材とを管軸方向に組み付け、既設管と表面部材との間に充填材を充填することで、既設管きょを非開削で更生する中大口径管更生工法。 パルテム技術協会 40 423 2001 2016/09
0232 アクアライナー プラスチックファイバーの不織布からなる管状樹脂吸収材を、パイプライン内に反転もしくは引込み加圧・温水を注入することにより管状樹脂吸収材を硬化させ、一度に長距離のパイプラインを修復する事が出来る工法。 (株)神尾工業 57 13 2005 2017/12
0235 C-ONE工法 プラスチックフィルムで外表面を被覆した樹脂含浸チューブを老朽管路内に反転挿入させ、樹脂含浸チューブを空気圧又は水圧で加圧し、加熱又は常温で硬化させ、老朽管内面に水密性の高いプラスチックパイプを形成する。 大管工業(株) 10 374 2004 2016/08
0242 スルーリング工法 プラスチック繊維の管状樹脂吸着材の外表面をプラスチックフィルムで覆い、熱硬化性樹脂を含浸させた更生材を老朽化した管路内に反転挿入し、管路を非開削で更生し、くらしの中のあらゆるパイプを甦らせることができる技術である。 (株)シーシーエス 112 726 2005 2017/12
0244 リフトイン工法(FRPM管を用いたパイプインパイプ工法) カゴ型運搬台車と低重心バッテリーカーを用いることにより、無軌道で強化プラスチック複合管を老朽管路内に運搬し、自立管として管路を更生する工法です。 積水化学工業(株) 113 66 2005 2016/07
0263 インシチュフォーム工法 本技術は、既設パイプラインを非開削によって更生(強度回復)する工法である。 日本インシチュフォーム協会 510 2294 1971 2013/11
0276 ホースライニング工法 熱硬化性樹脂を含浸させたライナーを既設管内に引込み、空気圧等で拡張・着圧させた後に硬化させることで管の内部に新しくパイプを形成する工法。 パルテム技術協会 366 3136 1983 2016/05
0292 ARIS(アリス)ライナー工法 老朽化した長距離および急勾配のパイプラインを自在に施工可能とした、耐久性、施工性に優れた管更生工法。 岡三リビック(株) 69 2 2005 2016/08
0317 ノーディパイプ工法 ノーディパイプ工法は、熱硬化性樹脂を含浸させた筒状のライニング材を既設管内に反転挿入し、蒸気と空気を混合した圧力流体にて樹脂を加熱硬化させ、既設管内面に新たな管路を構築する管路更生工法である。 積水化学工業(株) 20 0 2009 2016/07
0318 K-2 PRESSURE工法 老朽化した管きょ内に非開削で更生(修繕、改築)する技術である。 (株)京扇土木テクノロジー 1 65 2008 2017/10
0320 オメガライナー工法 断面をΩ(オメガ)型形状に折り畳み、ドラムに巻いた硬質塩化ビニル管を既設管内に引き込み、蒸気加熱により円形に復元させ、圧縮空気で既設管内に密着させる管きょ更生工法(形成工法・熱形成タイプ)。 積水化学工業(株) 6 1317 2001 2016/07
0321 トリック工法 非開削による老朽管破砕式置換工法で、経済的で自然環境や社会環境への負担の少ない更新工法です。 積水化学工業(株) 0 2 2008 2016/07
0322 Two-Wayライニング工法 当技術は、老朽化した管路を補修・補強・更新するための、耐震性・水密性に優れた高内圧対応型の非開削による管渠更生技術である。 (株)環境施設 1 9 2009 2014/09
1002 コンクリート/土壌(C/S)系マクロセル腐食防止対策 制水弁・分水工等コンクリート構造物の貫通部における鋼管のマクロセル腐食に対して、電気防食方式による腐食防止対策を確立した。 日本防蝕工業(株) 18 395 1985 2014/08
1040 サブテラ工法 高密度ポリエチレン管をハート形状に折り込むか円形のまま縮径した後既設管路内に挿入し、挿入完了後に水圧で円形状に戻すため、PE管は隙間無く既設管に張り付いた状態となり、管内の断面減少を少なくできるパイプラインの更生技術である。 日本リックウィル(株) 9 17 2000 2015/06
1049 マクロス®工法(C/Sマクロセル腐食に対する電気防食新工法) コンクリート構造物を貫通した埋設鋼管で生じるマクロセル腐食防止対策として適用されている電気防食について,従来工法と比較して経済的な新工法を確立した。 (株)ナカボーテック 7 2 2010 2016/02
1056 EX工法 硬質塩化ビニル樹脂製の連続パイプを、蒸気と熱風により加熱・軟化させ非開削で既設管内に引き込み、徐々に加圧することでパイプを拡径させ既設管内面に密着させることで、優れた強度と品質を備えたパイプを形成する小口径更生工法です。 EX・ダンビー協会 0 1230 1988 2013/07
1057 ダンビー工法 ダンビー工法は大口径管路を非開削で更生する工法で、既設管頂部にスペーサーを設置した後に硬質塩化ビニル製の帯状部材(ストリップ)を巻き立て、ストリップと既設管との空隙にセメント系充てん材を注入することにより強固な複合管を築造します。 EX・ダンビー協会 76 778 1993 2013/07
1114 SPR工法 SPR工法は老朽化した管路に対して帯状の嵌合部材(プロファイル)を螺旋状に製管する。 次に既設管と更生管の間隙に特殊裏込め材を充填し、新管同等以上に更生させる工法。 日本SPR工法協会 243 4198 1985 2014/06
1130 SUS巻込み鋼管工法(SUS巻込み鋼板溶接管水路補修工法) 管路内の任意地点の部分補修が可能です。 菱和コンクリート(株) 7 0 2006 2015/02
1210 リバースエース工法 エースモール工法の特徴である長距離、曲線推進を可能にした技術に加え、特殊カッターヘッドの装着により、ポリエチレンから鋼製カラーで接続された鉄筋コンクリート管まで切削破砕し、新設管路に置き換える事を可能にした改築推進工法である。 アイレック技建(株) 1 28 2005 2017/07