(一社)農業農村整備情報総合センター(ARIC) > 農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD) > 分野別検索

農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD)

トップページに戻る

分野別検索

検索結果

検索結果:35件

登録番号技術名称技術の概要登録会社名採用実績開発年更新年月
農業農村整備事業その他事業
0187 鋼矢板岩盤打込み工法 補助工法を用いて岩盤に直接鋼矢板を打打込む工法。 大成建設(株) 4 24 1999 2018/04
0222 ダクタルフォーム® (含む、ダクタルライニングパネル) 超高強度繊維補強コンクリート「ダクタル」で製作した高強度・高耐久性薄肉埋設型枠です。「ダクタル」の耐摩耗性、耐塩害性、凍結融解抵抗性等を活かした部材を利用することにより、構造物の長寿命化を図ることができます。 太平洋セメント(株) 21 24 2002 2021/11
0255 プレキャスト魚道ブロック工法 環境保全型魚道ブロック工法:①瑞流(すいりゅう),②遊泳(ゆうえい),③せき流,④魚群(ぎょぐん),⑤棲流(せいりゅう),⑥ROKU(ろく),⑦すずかけ,⑧リップラップ,⑨ステップール⑩その他(現場打魚道のプレキャスト化) 共和コンクリート工業(株) 179 1424 1994 2018/04
0256 消波根固ブロック工法 重量は0.5tから「クロスブロックF」のように最大80t級まで対応可能な製品があり、条件にあわせた最適な製品を提案することができます。「リップラップ」のように植石を施し、環境や景観に配慮した製品も取り揃えております。 共和コンクリート工業(株) 873 9362 1973 2018/04
0264 ASフォーム工法 レジンコンクリートを構成材料とした高耐久性埋設型枠材を用いて、コンクリートの補修・改修・防食を行う工法。 麻生商事(株) 75 141 1992 2017/12
0275 双翼型魚道(ダブルウィング型魚道) 傾斜隔壁越流型魚道の利点を踏まえ、小規模魚道の遡上率を高める目的で、隔壁越流部の断面形状と流況特性および遡上時における遊泳軌跡の特徴を研究し、隔壁を新たな形状(ダブルウィング型)とした魚道。 福井県土地改良事業団体連合会 26 28 2005 2017/09
0315 反応型けい酸塩混合型コンクリート表面含浸材「Osmo」 コンクリートの防水性を高め耐久性を向上させる完全無機質塗布型高浸透製品。 (株)リナック八千代 8 1037 2003 2018/10
0346 はやせ 魚や底生生物の遡上、降下に配慮した水の流れを創出する全断面魚道ブロック。 ランデス(株) 7 223 1999 2017/07
0357 スクエア 根固め工の機能を維持しながら魚等の生態系を保全する機能も兼ね備えた魚巣機能付き根固めブロック。 ランデス(株) 10 441 1988 2017/07
0358 減勢護床ブロック 緩傾斜落差工下流側に適した流速低減護床根固めブロック。 ランデス(株) 19 77 2002 2017/07
0391 ポストヘッドバー工法 鉄筋の両側に、矩形プレートや円形プレートを摩擦圧接したポストヘッドバーを補強対象部材に削孔した孔内に専用モルタルで定着した後施工のせん断補強鉄筋工法である。 成和リニューアルワークス(株) 14 710 2005 2019/02
1019 高耐久性埋設型枠(PICフォーム) PICフォームは,ポリマー含浸コンクリート製の高強度で高ち密な薄肉プレキャスト型枠であり,省力化施工と構造物の高耐久化を目的に,脱型不要の埋設型枠として構造物の表面に配置する。 大成建設(株) 4 298 1985 2018/04
1035 PPSライニング工法 PPSライニング工法は、太陽光や紫外線ランプ等により短時間で硬化する紫外線硬化型FRPシートを貼り付けて、用水路や転倒堰等の水利構造物の防食、流水磨耗対策や目地、ひび割れに追随させて延命化させる有機系ライニング工法。 積水化学工業(株) 314 156 2005 2020/01
1087  GKR量水標  GKR量水標にライトを当てると光源源に向かって反射させる技術  技研興業(株) 13 843 2006 2022/03
1090  六脚ブロック 六脚を有するコンクリート製品の総称で重量0.5tから最大80tまでを製作対応可能な製品である。 技研興業(株) 1652 19820 1958 2022/03
1091  ロウタスユニ ロウタスユニ工法は、柔構造を基本とし、景観を損わずに養浜することを主眼としたブロック。  技研興業(株) 64 2794 1982 2022/03
1092  ビーハイブ ビーハイブとは単体および構造物として多目的に使用できるよう開発された安定性に優れたブロックです。  技研興業(株) 482 19924 1974 2022/03
1094 パラクロス  パラクロスとは二組の桁を高さを変えて直交させた、井桁状の異形コンクリートブロック。  技研興業(株) 154 4398 1982 2022/03
1106 ととろっく 魚たちの自由な行動を妨げることなく、堰の機能を守る護床工を兼ねた魚道ブロックです。  技研興業(株) 9 487 1995 2022/03
1115 トラス式樋門上屋 操作員の安全な操作環境の確保、ゲート開閉装置・操作盤等の機械設備保護を目的とした、 建築確認済証が取得可能なアルミニウム合金造建築物。 EARTH CREATE (株) 32 475 2004 2020/10
1121  ツ イ ス タ  ツイスタとは、四方の膨らみによる噛み合わせ効果で構造体としての安定性に優れ、空隙率61%と大きく施工費の縮減を図るために考案されたブロックです。  技研興業(株) 9 48 2013 2022/03
1142 PSR工法 本技術は多機能特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)を用いた鉄筋コンクリート床版の補強工法である.本技術の活用により,設計荷重の増加による耐荷力不足や輪荷重による疲労劣化により損傷した床版を補強することが可能である. 前田工繊(株) 5 339 1986 2018/03
1145 PP工法 本技術は多機能特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)薄層巻立てによる既設RC橋脚耐震補強工法である.本技術の活用により,増厚による構造寸法の増大などの軽減が図られ,耐震補強設計時の設計制約に対する適応性が期待できる. 前田工繊(株) 3 347 1997 2018/03
1171 ストーンネット工法 ストーンネット工法とは、自然石と金網を特殊製法により一体化した製品で、川や池の法面や河床に敷設し覆土をおこなう、治水の安全性を確保しながら水辺の生態系にも配慮した自然石固着金網工法です。 環境工学(株) 744 3856 1993 2018/12
1172 ストーンマット工法 ストーンマット工法は、特殊かごマットとストーンネットを一体化した製品で、生態系に配慮した護岸・護床・根固工法です。掃流力の大きな河川に使用できます。中詰材には現地発生材やコンクリート廃材を活用することもできます。 環境工学(株) 40 810 1995 2018/12
1174 ログブロック工法 ログブロック工法は、間伐材活用の自然共生型根固めブロックです。イゲタ状に組んだ間伐材の内側に特殊布型枠を設置しコンクリートを打設し強固な根固ブロックを構築します。鋼製の型枠と違い脱型・転置の必用がないため、施工性に優れる工法です。 環境工学(株) 50 440 2001 2018/12
1180 ログネット工法 ログネット工法は、従来型木工沈床・丸太法枠工の改良工法であり、間伐材と亜鉛アルミ合金メッキ鉄線の金網を一体化した間伐材活用改良木工沈床工法、改良丸太法枠工法です。 環境工学(株) 40 185 1998 2018/12
1182 プレキャスト式ユーコーン型魚道工法 現場打ちのコンクリート水路のなかに傾斜隔壁越流型のU型形状のプレキャストブロックを2基ごとに反転設置することにより、ゆっくりと蛇行した流れを創出し、さまざまな魚類の遡上を可能する”魚がのぼりやすい魚道”を実現。 環境工学(株) 45 170 2003 2018/12
1193 ストーンロック工法 巨石をステンレスプレートを用いて一体化した自然石を活用した根固工法です。コンクリートブロックに比べて景観性、親水性に優れ、現地発生石材も活用でき地域の景観と水辺の生態系を保全します。護床工、落差工、水制工としても施工可能です。 環境工学(株) 6 99 2003 2019/12
1255 先行床施工式フロア型システム吊足場(クイックデッキ) 橋梁桁下、建築物の天井下、水門下などに仮設の作業フロアを構築し、新設工事や補修・補強工事の際の仮設の吊り足場として適用できる。工事の間、クイックデッキの下はフリーな空間となるため、下では別の工事やものの搬入、人の往来ができる。 日綜産業(株) 1 355 2013 2018/06
1291 環境活性コンクリート工法 「環境活性コンクリート工法」は、コンクリートにアミノ酸の一種であるアルギニンを混和させた環境配慮型コンクリートを用いる工法です。 日建工学(株) 2 50 2010 2019/10
1292 根固めブロック工法 本技術は、平型タイプで層積み施工に適した「ストーンブロック」、立体型タイプで比較的粗度が大きく層積み、乱積みいずれにも対応可能な「3連ブロック」、「ラクナ・Ⅳ」を取り揃えており、さまざまな現地条件に対応可能な工法です。 日建工学(株) 293 4610 1979 2019/10
1314 エスタロック工法 エスタロック工法は、石材をフレーム状に配置しアンカー材により固定して空隙部にコンクリートを充填することにより必要重量を確保し、波力・流速に抵抗する自然石を主体とした緩傾斜護岸・根固工を構築する工法である。 環境工学(株) 0 90 2004 2020/10
1336 ESCON保護パネル 本製品は、超高強度繊維補強コンクリート(ESCON)を使用した構造物保護部材で、ESCON保護パネルの活用により、構造物の耐久性が向上し、補修やメンテナンス低減による経済性の向上が図れます。 (株)エスイー 0 1 2019 2021/09
1337 無機系封孔剤パーミエイトによる用水路等コンクリート構造物保護 無機系封孔剤パーミエイトHS-300は、コンクリートの微細孔を塞ぎつつ表面に塗膜を形成させることで、水・CO2ガス等の侵入を阻止してコンクリートの劣化を防止し、また撥水性無機系樹脂なので紫外線劣化もなく水流動性も良好で超長期に耐用できます。 (株)ディ・アンド・ディ 15 253 2010 2021/11