(一社)農業農村整備情報総合センター(ARIC) > 農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD) > 分野別検索

農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD)

トップページに戻る

分野別検索

検索結果

検索結果:10件

登録番号技術名称技術の概要登録会社名採用実績開発年更新年月
農業農村整備事業その他事業
0281 水中不分離性充填材「マックスAZ」 「マックスAZ」は、水中不分離性、高流動性、自己充填性、セルフレべリング性、水中での強度発現性を兼ね備えた高性能な無収縮モルタルである。また、プレミックス化されているため、規定量の水を加えるだけで品質的に安定したモルタルを供給できる。 (株)ファテック 4 10 2004 2013/06
0337 モールグラウトWQ工法 日本で始めて3km以上の超長距離圧送を実現したトンネル覆工背面空洞充填工法です。併せて、24m3/ht程度までの大容量圧送性、水道機器と同等の非溶出性を有します。同工法は2012年にモールグラウト工法から改名しました。 三井住友建設(株) 1 1 2009 2018/05
0372 パフェグラウト工法 さまざまな構造物の維持補修に適用可能な空洞・空隙充填工法。 日特建設(株) 17 156 2008 2018/04
1021 セットフォーム工法 本技術は既設水路トンネルの補修工事において、覆工コンクリート背面に生じる空隙を発泡ウレタン(セットフォーム)によって充填する裏込注入工法です。 日清紡ケミカル(株) 18 415 1977 2019/01
1046 のリフレッシュ工法 産業廃棄物の発生を抑制した既設のり面構造物(吹付モルタル)の補修技術 ライト工業(株) 2 281 2009 2018/05
1078 TSクラックフィラーひび割れ注入工法 コンクリートの微細なひび割れや空隙、漏水、止水等を水循環式ドリルで穿孔して高流動超微粒子セメントを注入する工法。 ひび割れ注入工法研究会 0 56 2009 2019/09
1149 スラメント工法 日々の注入設備の水洗いが不要で工程短縮等経済性の向上が計れ、長距離圧送性に適した非セメント系可塑状空洞・空隙充填材。 可塑状グラウト協会 0 1 2014 2018/12
1203 NTRフォーム工法 本技術は小型設備で施工できるウレタン空洞充填工法であり、引込み電源またはバッテリー電源での施工を選択できる。極めて狭隘な施工には特殊の小型注入機も用意している技術である。 NTRフォーム研究会 12 164 2006 2019/09
1216 FRT工法 本技術は水路トンネル機能回復加圧式ウレタン充填工法で、従来は増厚工法で対応していた。本技術の活用により内空断面を減少させずに、コストダウンと工期の短縮が期待できる。 アップコン(株) 4 2 2015 2017/08
1226 アス・ストップ工法 地下構造物の新しい漏水対策工法。. (株)大和 1 102 2010 2018/02